STEP1: FXの始め方

FX取引で稼ぎやすい相場が動く時間帯は?

更新日:

FXは株と違って休日以外は24時間取引できることで有名です。

ただし、24時間いつでも相場が動きやすいわけではなく、大きく動く時間帯や動きが鈍い時間帯も存在します。

FX取引をする場合は、その相場が活発に動く時間帯を意識しながら取引をする必要があります。

FXを24時間できる理由

日本の株は、日本の株式市場が開いている時間帯でしか取引できませんが、FXは東京市場が閉まっていても、欧州市場やニューヨーク市場が開いているため取引が可能になります。為替相場の1日の推移は、日付変更線のすぐ左にあるオセアニアから始まります。

オセアニア⇒東京⇒欧州⇒ニューヨーク⇒オセアニア

という流れで市場が開いており、24時間の中で必ずどこかの市場が開いているため取引が可能というわけです。

各国の取引時間帯になります。

この図のようにどこかの国の市場が開いているため、24時間取引が可能です。

 

相場が活発に動く時間帯は?

24時間の中でどこかの市場が開いているわけですが、24時間活発に相場が動いているわけではありません。

為替相場の3大市場といわれる大きな市場は東京・ロンドン・ニューヨークになります。

市場が開いている時間帯が重なっている時というのは、相場が活発に動きやすい時間帯になります。

 

オセアニア時間(ウエリントン、シドニー)

オセアニア時間はニュージーランドのウエリントンや、オーストラリアのシドニーが該当します。

この時間帯は主要国であるアメリカやイギリスの市場が閉まっているため、あまり動く時間ではありませんが、経済指標により相場が動くときもあり週明けは大きく窓を開けて相場が乱れるときもあるため、ポジション保有しているとき週末は注意しなければいけません。

 

東京時間

日本、香港やシンガポールの市場が動き出す時間帯になります。

ゴトー日と呼ばれる5と10の付く日は、日本の輸入企業の決済日であることが多く円を売ってドルを買い、そのお金で海外企業へ支払いが行われます。

そのため、5日、10日、15日、20日、25日、30日のゴトー日は、円安傾向になりやすいです。

円安になりやすいとはいえ、テクニカル分析を無視したトレードはしてはいけません。

 

欧州時間(ロンドン)

イギリスなどヨーロッパの市場が開いてきます。

特に16時から開くロンドン市場はニューヨーク市場と同じビック市場であるため、相場が大きく動き始める時間帯です。

 

ニューヨーク時間

為替相場1番の主要国であるアメリカの市場が開く時間帯で、さらにはロンドン時間とも重なり取引が一番盛んになる時間帯です。

米国の経済指標発表もあるため、値動きが荒くなることもあります。

21時からは相場が動きやすいため、日本のサラリーマンにとっては、自宅でトレードしやすい時間帯ではないでしょうか。

 

FX取引が休日になる日は?

相場が開く時間帯は夏時間と冬時間で変わってきます。

メモ

冬時間(11月の第1日曜日~3月の第2日曜日)

月曜日の朝7時から、土曜日の朝7時まで開いています。

 

夏時間(3月の第2日曜日~11月の第1日曜日)

夏時間は月曜の朝7時から、土曜日の朝6時まで開いています。

土曜日の朝に相場が閉まってから、月曜日の朝7時までFX取引はできません。

 

ただし、この時間帯以外でも市場がお休みになる時期があります。

それがクリスマスと元日です。

 

海外ではクリスマスは休日になるため市場はお休みなのですが、日本だけは開いています。

そのため午後15時までは取引可能ですが、それ以降はお休みになります。

 

元日は終日お休みになり、取引は翌日朝7時から可能になります。

 

週末は取引を終了した方が良い理由

土曜日の朝に相場が止まり、月曜日の朝7時までは金融機関がお休みなのでFX取引はできません。

ただし、中東の一部の国が日曜日はお休みではなく、金曜日がお休みであるため土日でも取引が行われています。

取引量は少ないためあまり動かないですが、大きな事件(テロなど)や出来事(選挙や投票など)で時折大きく動くときがあります。

その結果、月曜日に市場が開くとレートが大きくずれていることが起こります。

それを「窓開け」と言います。

ローソク足とは?陽線と陰線の見方

トレードを行うときは必ずチャートで値動きを確認します。 チャートにインジケーターやラインを引く手法など様々な手法を用いてトレードを行います。

続きを見る

この記事でも説明しておりますので、よければお読みください。

 

ポジションを保有した状態で休日に入ってしまうと、FX会社がお休みなので決済注文をすることができません。

そのため窓開けにより、大損になる可能性もあるため週末は取引を終えて、また月曜日から取引されることをおすすめします。

 

まとめ

FXは世界の時差によるズレによって、どこかの国の金融機関が開いて取引されているため相場が動いています。

夜9時からはニューヨーク市場が開くため、ロンドン市場と重なる夜9時以降は相場が活発に動きやすいです。

アメリカの経済指標も集中しているため、米雇用統計など大きなイベントに注意しながら、取引をするようにしましょう。

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP1: FXの始め方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.