STEP1: FXの始め方

FXはやり方次第でギャンブルになる!?初心者の間違った考え方

更新日:

FXはギャンブルなのか?投資なのか?

それはやり方次第でギャンブルにも投資にもなりますが、本来正しい考え方は“投資”になります。

しかしFXをギャンブル感覚でトレードしてしまいがちになります。

なぜFXをギャンブル感覚でトレードをしてしまうのでしょうか?

FXをギャンブル感覚でトレードをしてしまう理由

FXをギャンブル感覚でトレードをしてしまう理由は

・上がるか下がるか2択で、単純に確率が50であることから勘で稼ぐこともできる

・レバレッジ効果で少額でハイリターンを狙えて且つ短時間で大金を稼ぐことができる

大きな理由はこの2

 

FXはチャート呼ばれるグラフで、今後上がるか下がるか予測してトレードをしていきます。

ですが、分析など何もせずに勘でトレードをしてしまっていたり、損をしたら取り返そうと何度も同じようにトレードをする。

 

上昇しているんだから、上がる方に賭けたら儲かるだろ

 

このような考え方でのトレードは“ギャンブル”になります。

これがチャートで横軸が時間、縦軸が価格になっています。

黄○辺りでトレードを始めようと考えたときに、上昇してきている相場でこれからも上昇すると根拠のないトレードをした結果、急な暴落で損をしてお金を失い、最終的に強制ロスカット(退場)にあうことになります。

ひどい場合は、下げ相場なのにまた上昇するだろうと勝手に思い込み、上昇目線でトレードをして損失を膨らます人もいます。

 

FXのギャンブルトレードをやめられない理由

FXで一度でも稼ぐ経験を味わえば、その興奮をもう一度体験したいと思ってしまい、ギャンブルトレードをした結果お金を失ってしまいます。

そしてその失ったお金をFXで取り返そうと考えてしまいます。

相場には簡単な相場環境と、難しい相場環境が存在します。

その簡単な相場のときに、たまたま稼げてしまうと欲が出てしまい、どんどん資金を投入してトレードをしてしまいます。

下記の図は、比較的簡単な相場環境の一例です。


黄色の矢印で、下がっていると確認して、レートが113.20になり売りでトレード開始したとします。(黄○でエントリー)

そしてある程度利益が伸びて、112.90で決済(赤○)をしたときに、このトレード開始から決済までにかかった時間は1時間です。

 

このトレードの利益は30pipsですが、得たお金は何万通貨でトレードしたかで利益額が変わってきます。

わかりやすく言うと掛け金ですね。

 

1万通貨の場合、1pip100円なので

100×30pips3,000

10万通貨の場合、1pip1000円なので

1000×30pips30,000になります。

 

ただ10万通貨はまだ少ない方で、プロトレーダーは20万や30万通貨以上でトレードされていることが多いです。

30万通貨の場合は1pip3,000円なので

3000×30pips90,000になります。

 

1時間で9万円稼げるって大きいですよね。

ここからさらに掛け金を増やせば、10万以上稼ぐことができるわけです。

数分から数時間で10万以上稼ぐこともできるため、その一発を狙ってしまうのです。

 

上がるか下がるかの2択で、知識がなくてもできて、短時間で大きく稼げる

 

楽して稼ぐことができるという誘惑に負けてしまい、たまたま大きく稼ぐことができてしまえば、その味を知ってしまい、さらにのめり込んでしまうのです。

間違ってはいけないのですが、FXは投資です。

勘でのギャンブルトレードをしてはいけません。

 

FXを投資としてトレードをするために

FXはギャンブルであるという認識も多いのですが、プロトレーダー(稼ぎ続けているトレーダー)はギャンブルでトレードをしていません。

 

勝てないトレーダー=感情が勝るトレード

稼げないトレーダーは感情的なトレードをしていることが多いです。

・早く稼ぎたい

・今、大きく伸びているからトレードしなきゃ逃してしまう

・損失がでたから取り返したい

トレードをするときに、このような感情でトレードしていては稼ぐことができずにお金を失い続けてしまいます。

 

稼ぎ続けているトレーダー=裁量取引でトレード

裁量取引というのはトレードができるor様子見(待つ)を判断してトレードをしていきます。

感情的なトレードを行わず、環境が整ったらトレードを行います。

 

稼ぎ続けるトレーダーになるために

プロのトレーダーは、トレードできる環境が整ってからトレードを行います。

ここには感情的にトレードしてはダメで、ルールを作り、そのルールに基づいたシステムトレードをしなくてはいけません。

 

メモ

システムトレードというのは、機械的なトレードのことで、

○○になったらトレードできる。

△△になったらトレードをしない。

感情とは別でのトレード基準となるルールです。

 

このようなトレードを行うためのルールが必要になります。

環境が整わなければ、1日から数日以上トレードできないこともあります。

トレードができないという考え方より、リスクの高い環境でトレードをしてお金を失わないための行動であるため、この「待ち」状態も大切なトレードの考え方になります。

 

まとめ

FXはギャンブル感覚で行う人が多く、お金を多く失う方が多いです。

 

まずはデモトレードから。

 

勝てない方は、デモトレードで練習してトレードルールを作成してから、リアルトレードへ移行すべきです。

相場はプロの投資家達があらゆる手段と方法でトレードされています。

初心者が勘で稼ぎ続けられるほど甘くはないです。

FXで早く稼ぐようになりたい方は、プロに教わることが一番の近道でもあります。

まずは本を購入して独学で勉強を始めたり、プロの教材を購入して学ぶなど、自己投資にお金を使うようにしましょう。

 

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP1: FXの始め方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.