STEP1: FXの始め方

FXのデモ口座を比較。トレード練習には【無期限】がおすすめ!

更新日:

FXでトレードを始める場合、いきなりリアルマネーでトレードをするとお金を失う恐れがあります。

そこで、登場するのがデモ口座になります。

初心者の方やトレードでお金を失っている方は、デモ口座で練習することをおすすめします。

デモ口座とデモトレードとは?

デモ口座は仮想のお金が用意された口座のことで、その口座でトレードをすることをデモトレードと言います。

チャートは本口座と同じチャートでトレード練習ができて、リアルマネーを一切使わないため、トレードでお金を失うことはなく、ゲーム感覚でトレードをする事が可能になります。

このデモ口座はFX会社が、自社のトレードツールの使い勝手を「お試し」で用意したものになりFXトレードの体験ができます。

初心者やトレードで稼ぐ方法を確立されていない方は、このデモ口座でトレードをおすすめします。

 

デモトレードのやり方

デモトレードをするためには、デモ口座の開設が必要になります。

デモ口座開設に必要なもの

・名前(ニックーネーム可能)

・メールアドレス

以上です。

登録することで必要なIDとパスワードが送られてきますので、入力画面でIDとパスワードを入力していただき、あとはトレードの練習をしていくことになります。

 

ただその前にデモ口座の取引システムは大きく2つに分かれます。

・初心者おすすめWEBブラウザ型

・上級者おすすめインストール型

まずはWEBブラウザ型からで構いませんが、それぞれの特徴など説明していきます。

 

 WEBブラウザ型の特徴

WEBブラウザ型は、サイトにログインしてトレードをするタイプになります。

特徴としては

特徴

・シンプルで使いやすい

・外のPCでも使用可能

・カスタマイズインジケーターが使用不可

以上が大きな特徴になります。

外為オンラインさんやFXブロードネットさんなどがこれに該当します。

これは外為オンラインさんのデモ口座になります。

ここからチャートを開いてトレードをしていきます。

WEBブラウザ型はとても見やすくそしてシンプルに作られているため、初心者にはわかりやすいシステムになっています。

ただ、カスタムインジケーター(有料インジケーター)などは使うことは不可能なため、上級者向けではありません。

 

インストール型(MT4)の特徴

インストール型で有名なのがMT4(メタトレーダー)と呼ばれる取引システムで、上級者向けのツールになります。

FXTFさんなどがMT4を使用してトレードをしていきます。

特徴として

特徴

・カスタマイズインジケーターやツールが使用可能

・外のPCでは使えない

・複雑なため初心者向きではない

以上が大きな特徴です。

口座状況やチャートが1つの画面になっており、インジケーターの種類も豊富です。

使える機能も多く複雑なため初心者向きではないですが、使い慣れるとWEBブラウザ型よりも優れているため将来的にはこちらがおすすめです。

さらにインジケーターのカスタム化も可能で、プログラミングに詳しければオリジナルインジケーターの開発も可能。

そのため有料販売されているインジケーターやトレーニングツールはMT4で使えるようになっているため、MT4のインストールは必須とも言えます。

ただこれからFXを始める方は、まずはWEBブラウザ型で学びつつMT4へ移行していくという流れがいいと思います。

 

WEBブラウザ型おすすめデモ口座

会社名 有効期限 通過ペア数

手数料(米ドル/円)

FXブロードネット

無期限

24 0.3銭
外為オンライン 26 1.0銭
ヒロセ通商 3ヶ月 50

 

0.3銭

DMM FX 20
外為どっとコム 90日 20

デモ口座を開設する場合、トレードの検証も含めて無期限で使用を考える方がいいです。

そのため、無期限で使えるFXブロードネットか外為オンラインさんがおすすめです。

ただ外為オンラインさんは関連書籍もあるため、トレードの方法など学ぶ場合は外為オンラインさんがおすすめです。

有効期限が設けられている口座は、期限切れ後に再申請が必要になります。

因みに、私は外為オンラインさんもFXブロードネットさん両方のデモ口座を持っています。

 

インストール型(MT4)おすすめデモ口座

会社名 有効期限 通過ペア数 手数料(米ドル/円)
FXTF 無期限 29 0.3銭
OANDA Japan 24 0.4銭
FOREX.com 90日 84 0.3~0.9銭
外為ファイネスト 30 0.4~1.4銭
アヴァトレード・ジャパン 21日 54 1.2銭

MT4を取り扱っている会社です。

無期限で通過ペア数の多いFXTFさんがおすすめです。

有効期限付きのデモ口座の場合は、インジケーターの設定や購入したツールの再設定が面倒になるため、無期限で使えるデモ口座開設をおすすめします。

 

まとめ

FXの口座にはWEBブラウザ型とインストール型の2つあると紹介させていただきました。

本口座の開設を考える場合は、取引システムの使い勝手だけでなくスプレッド(手数料)も考慮して考える必要があります。

ただ初心者の方や、まだ勝つためのスタイルを確立できていない方はデモ口座からのトレード練習をおすすめします。

時間はかかりますが、トレードルールなど何もなしでリアルトレードをしてもギャンブルになってしまい、お金を失うのは時間の問題です。

お金を守るために、時間を掛けてでもデモ口座から始めてみてください。

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP1: FXの始め方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.