STEP7: ラインの引き方

チャネルラインの引き方を学び決済上手になろう

更新日:

チャネルラインは波を捉えるのに有効な手段で、トレンドラインとセットで使うラインになります。

チャネルラインを使う場合は、トレンドラインが引けることが必須になりますので、トレンドラインの引き方がわからない方は、まずトレンドラインから学んでいきましょう。

チャネルラインとは?

チャネルラインは1つの波を捉えるのに有効で、トレンドラインは主にエントリータイミングを図るために使われますが、チャネルラインは決済に使われるラインになります。

ポイント

トレンドラインで波の始まりを捉え、チャネルラインで波の終わりを探る

上昇トレンド相場にチャネルラインを引きました。

チャネルラインはトレンドラインが引ける相場で引くことができ、チャートのように2つのラインの中を、ローソク足が動いていることが特徴です。

下降トレンドラインでも、チャネルラインを引くことができます。

チャネルラインで反発することが多々ありますが、チャネルラインでエントリーを考えるのは、逆張りになるためリスクが高いです。

注意ポイント

チャネルラインでエントリーは逆張りのためリスク大

トレンドラインが示す重要な見方とは!まずは引き方ついて学ぼう

トレンドラインは相場の方向を視覚的に分かるようにするために引くラインです。 トレンドラインを正しく引くことで、トレンドの方向や勢いエントリーのタイミングが分かるようになります。  この記事ではトレンド ...

続きを見る

ただし、リスクは高いですが、チャネルラインでエントリーを考える場合は、上位足の確認(マルチタイムフレーム分析)が必要になります。

マルチタイムフレーム分析は必須能力!分析方法を身につけよう

上昇トレンドになっているから買いエントリーすれば勝てる。 下降トレンドになっているから売りエントリーすれば勝てる。 これだけだと勝てません。 そこで出てくるのがマルチタイムフレーム分析です。 マルチタ ...

続きを見る

上位足でトレンドが確認できれば、チャネルライン付近でのトレードも可能です。

 

チャネルラインの引き方

チャネルラインはトレンドラインを引いた後、平行に高値/安値に引きます。

黄○で下降トレンドラインを引いた後に、緑○の安値でチャネルラインを引くことができます。

その後は、この2つのラインの中で下降トレンドができています。

トレンドラインを引いた後に、チャネルラインも引くことでトレンドの幅がわかり、決済を考える時も目安に使うことができます。

 

チャネルラインの見方

チャネルラインをトレードで使う場合は、見方を知る必要があります。

そのチャネルラインを見るときのポイントは大きく2つ

ポイント

・トレンドの値幅

・トレンドの流れ

勢いや、トレンドの長さはトレンドラインだけで分かることが多いでが、チャネルラインを引くことで、値幅や流れも分かりやすくなります。

 

トレンドの値幅

相場はレンジやトレンドでも、値幅を持ちながら動きます。

この上昇トレンドも一定の値幅で動いています。

トレンドラインの時もそうですが、長期的に意識されていれば、そのラインは有効的に働き続けます。

しかし、ラインが意識されなくなるというのは、有効的に働かなくなることにもなりますので、右側の黄○で、ラインに到達していないということは、トレンドの勢いがなくなってきたという考え方もできます。

 

トレンドの流れ

トレンドの流れはトレンドラインだけでもわかるのですが、チャネルラインを引くことで、よりわかりやすくなることもあります。

トレンドは、ゆっくりした状態から勢いがついてきますので、トレンドが変わればトレンドラインを引き直す必要があります。

それはチャネルラインも同様なのですが、上のチャートはトレンドが変わり、チャネルラインも引き直しました。

色は見やすいように赤と青で交互に引いています。

 

トレンドラインだけでも勢いはわかりますが、チャネルラインも引くことで、値幅と勢いもわかるため、相場全体の流れも視覚的にわかりやすくなります。

 

チャネルラインをトレードで使う方法

チャネルラインは主に決済ポイントを探るために使うと言いました。

ですが上記でも言いましたが、逆張りであるため少しリスクはありますが、エントリーに使うこともできます。

それは大きな流れのなかの小さなチャネルラインを引くことです。

先ほどの下降トレンドの流れに対し、小さなトレンドラインを引いてみました。

黒のラインはトレード中に、値動きを予想するために引くラインです。

 

上昇のチャネルラインを3カ所引きましたが、3つ目の黄○では、青の下降トレンドラインと黒のチャネルラインが交わっています。

このような根拠が2つ重なったポイントは有効的に働くことがありますので、チャネルラインでエントリーも可能になってきます。

ただ最初の2カ所のチャネルラインのように、ローソク足が全然届いていません。

3つ目のポイントのように重なるポイントというのは、なかなか無いためそのポイントだけ狙うのは、有効な手段とは言えないかもしれません。

 

まとめ

チャネルラインはトレンドラインが引けるポイントで引くことができるラインで、チャネルラインの見るべきポイントは

ポイント

・決済ポイントとして使う

・トレンドの値幅を知るために引く

・トレンドの流れを知るために引く

この3つがポイントです。

逆張りとして使うのは、リスクがありますので決済に使うことをオススメします。

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP7: ラインの引き方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.