STEP6:インジケーターの使い方(オシレーター系)

RCIの見方や使い方について

更新日:

RCIは私個人的には好きなオシレーターになります。

使い方が分かりやすく、長期の流れに沿って短期で入るというやり方で、トレンド系にも似たオシレーター系インジケーターになります。

RCIとは?

RCIはトレンド系の要素を含んだオシレーターで、短期、中期、長期の3本のラインを表示させて長期の流れに沿ったトレードを行います。

 

3本のライン使い分け

RCIの各設定(短期、中期、長期)には下記の設定が一般的に使われます。

RCI19  短期(紫)

RCI226 中期(青)

RCI352  長期(赤)

長期ラインと中期のラインの流れに合わせて、短期ラインでエントリーしていきます。

この長期と中期が同じ方向を向いていることが大事になってきます。

 

買われすぎエリアと売られすぎエリア

RCIには買われすぎエリアと売られすぎエリアがあります。

上の赤のエリアが買われすぎエリアになり、下の緑のエリアが売られすぎエリアになります。

一般的な設定では80100が買われすぎエリア、-80-100が売られすぎエリアになっており、RCIの各ラインは-100100の範囲で動います。

長期や中期が同じ方向へ向いている状態の時や、エリアに張り付いて強いトレンド相場のときに短期でエントリーしていきます。

 

RCIの3本のラインの使い方とは?

RCIでは長期の流れに沿ったトレードが大切なため、長期のラインの方向が大事になってきます。

このチャートは先ほどのチャートと同じなのですが、RCIの設定を分かりやすいように設定を変更しました。

RCI19  短期(紫)

RCI236 中期(青)

RCI3216  長期(赤)

この設定にするとはっきりするのですが、チャート左側は長期の赤ラインが売られすぎエリアで張り付いており、中央から少し右側辺りで長期赤のラインが上昇してきています。

オシレーターの弱点と言われている「張り付き状態」というのは、強いトレンド中に起こります。

ですので、チャート左側は売っていけばいいし、右側は買っていけばいいのです。

 

エントリーのタイミング

長期ラインが上昇/下降している、あるいは買われすぎ/売られすぎエリアで張り付いている状態でもどこででもエントリーできるというわけではありません。

トレンドフォローを狙う場合は、押し目や戻り目を狙うことが重要になり、そこで大事になってくるのが短期と中期の動きです。

ポイント

押し目や戻り目を待ってから長期のトレンド方向へ狙うこと

チャートでどこが押し目/戻り目なのか見てみます。

黄○で囲った場所が押し目/戻り目にあたります。

短期ラインや中期ラインが長期ラインとは逆のエリアにいる箇所が該当します。

なかには短期ラインが買われすぎエリアや売られすぎエリアに届いていない場所もありますが、できる限りエリアに近い深い押し目を狙うことをオススメします。

赤○で囲った場所は、狙ってはいけない場所になります。

理由は中期ラインが勢いよく上昇中であるからです。

大事なのは3本のラインが味方であることで、中期ラインが敵になっている場合は、待つことも必要になります。

 

RCIでのダイバージェンス

RCIでもダイバージェンスがおこります。

RCIの場合は、短期ラインや中期ラインで確認することができます。(設定では長期ラインでも確認できます)

中期ラインが上昇傾向のときに、ローソク足では安値を切り下げています。(青の斜線ライン)

下降トレンドで下げてきたけど、利益を伸ばしてきたトレーダー達が決済を考え始めているのでおこります。

そして短期ラインもダイバージェンスになっています。(黄色の斜線ライン)

ダイバージェンスとヒドゥン・ダイバージェンス

インジケーターを使って相場の分析をするときに、知っておきたい知識としてダイバージェンスがあります。 ダイバージェンスやヒドゥン・ダイバージェンスは、トレンドに対してオシレーターの方向が一致していないと ...

続きを見る

 

RCIと指数平滑移動平均線との組み合わせ

RCIだけでのトレードもなかなか使えるのですが、移動平均線など組み合わせて使うことでより視覚的に分かりやすくなります。

先ほどまでのチャートに指数平滑移動平均線(EMA)を追加してみました。

期間は短期9、中期36、長期216RCIの設定に合わせています。

移動平均線を追加することで、狙っていける場所と狙ってはいけない(難しい)場所がはっきりと分かれました。

この▢で囲ったエリアではRCIだけでみると、長期ラインが売られすぎエリアで張り付いており、売っていきたいと思う状態ではありますが、ローソク足はあまり下げることもなくレンジ相場になっています。

しかし指数平滑移動平均線を追加してみるとどうでしょうか。

長期のラインはまだ下げてきてはいますが、短期と中期ラインが水平になっており、方向感がありません。

そして結果的にはトレンド転換して、右側では上昇のパーフェクトオーダーにもなっています。

このように移動平均線と組み合わせることで、RCIだけでは発見できなかった、狙ってはいけない相場(難し相場)が分かるようになります。

パーフェクトオーダーとは?見るべき3つのポイントと使い方

パーフェクトオーダーはトレンドフォローを狙うためには有効的な状態を表します。 大きなトレンド相場ではパーフェクトオーダーになっていることが多いため、パーフェクトオーダーを確認してから、トレンドフォロー ...

続きを見る

 

まとめ

RCIはトレンド系の性質をもったオシレーターである、長期のラインに沿ったトレードが必要になります。

そのときに大事なのが中期と長期の方向が同じであることです。

ポイント

中期と長期の方向に合わせて短期で入る

なので中期が長期と別の方向を向いている場合は、トレードしてはいけない待ち状態となるためフィルターになるわけです。

さらに別のインジケーターと組み合わせることで、より精度を高めることができます。

 

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP6:インジケーターの使い方(オシレーター系)

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.