STEP3: 相場の見方

FXの基礎の基礎!ダウ理論について

更新日:

ダウ理論はチャールズ・H・ダウが19世紀に執筆した6つの基本法則を言います。

テクニカルの元祖となる理論です。 

その6つの基本法則が

1. トレンドの転換が明確なシグナルができるまで継続する

2. 主要トレンドは3段階からなる

3. トレンドには3種類ある

4. 平均はすべての事象を織り込む

5. 平均は相互に確認されなければならない

6. トレンドは出来高でも確認されなければならない 

この6つが基本法則です。

 

トレンドの転換が明確なシグナルができるまで継続する

上昇ダウも下降ダウも、反転のサインが出るまでは継続するという考え方です。

このチャートは上昇ダウの例ですが、上昇ダウは「高値更新、安値切り上げ」が基本。

しかし、チャートの右側では安値を切り下げているため、 ここで上昇ダウが崩れたと判断します。 

このダウ理論は基本的な考え方ですので、頭に入れておく必要があります。

 

主要トレンドは3段階からなる

これはトレンドには波があるのですが、この波が3段階あるとされています。

1段階目で先行型投資家達が買っていきます。

2段階目で一般投資家達が買っていきます。

3段階目で買ってきた投資家達が決済を考え始め、FX初心者が買い始めやすい場面です。

 

トレンドには3種類ある

19世紀にはスキャルピングやデイトレなどの概念がなく、短期、中期、長期それぞれにトレンドがあると考えられています。

 

平均はすべての事象を織り込む

チャートの動きにはテクニカルやファンダメンタルもすべて含められてできているということです。

ファンダメンタルというのは国や企業などの状況を示すもので、経済指標から見ることができます。

この経済指標からチャートの動きを予想していきます。

 

平均は相互に確認されなければならない

複数の指標が存在する場合、その複数の指標に同じシグナルが出なければトレンドとして捉えることが出来ないという考え方です。

元々はチャールズ・ダウがいた19世紀工業が盛んになると、鉄道も輸送のため活性化。

逆に工業が経営不振になると、鉄道などの運輸も停滞するなど影響が出ていました。

その考えから、同時期にシグナルが発生しなくてもいいが、同じシグナルを捉えることが出来れば、トレンドとして捉えることができるとしています。

 

トレンドは出来高でも確認されなければならない

株式投資において、出来高を伴ったトレンドほど強いとされています。

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-STEP3: 相場の見方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.