ラインの考え方

トレンドラインでエントリーと決済を考える

更新日:

トレンドが出来ているときは、トレンドラインを引きます。

 

トレンドラインは上昇なのか下降なのか、方向を探るためだけでなく

エントリーや決済を考えるのに使えます。

 

意識されるトレンドラインを引く

 

 

このチャートにトレンドラインを引いてみます。

 

 

まずこのように引くことが出来ます。

このトレンドライン付近でエントリーした場合に決済はどうなるでしょう。

 

 

赤○の所でエントリー出来た場合、決済は青○辺りになります。

大きく下げたのに、かなり戻したところで決済はもったいないです。

 

この場合の考え方ですが

大きく利が伸びた所、トレンドの勢いが増しているところで決済したいので

そこで新しくトレンドラインを引けばいいのです。

 

 

3つ目の赤○は仕方ないとして

最初の2つは大きく伸びた所で決済ができます。

 

トレンドラインは1本引いて、放置してしまいがちです。

私がそうです()

 

トレンドラインも明らかに意識されていれば有効なラインになりますので

見逃さずに引けるようにしておくとよいでしょう。

 

エントリーの具体例

トレンドラインは意識されていることがわかりました。

それではトレンドラインを中心にエントリーポイントを探ってみます。

 

過去チャートを用意しました。

このチャートでラインを引いてみます。

 

 

大きなトレンドラインと対するチャネルラインを引きました。

そして水平ラインやトレンドラインを追加しました。

 

 

①~④のポイントがまず考えられます。

1つ1つ見ていきます。

①のポイント

ここではヘッドアンドショルダーになっています。

ただ、この時点ではトレンドラインが引けているわけではありません。

 

 

上位足で見てみると、過去のレジサポラインで反発しています。

レジサポラインが引けても、必ず反発するわけではないため

①のポイントで入るには少し根拠が弱いです。

 

②のポイント

②のポイントではダブルトップとなって、ネックラインを下へブレイクしております。

ここでエントリーすると損切りポイントが下降トレンドラインの上なので

とても損切りが大きいです。

 

そこで③のポイント

③のポイントではレジサポラインになっています。

③のラインを抜けて、あるいはリターンムーブで売りエントリーであれば

損切りは②の上になります。

 

利益確定は下降トレンドを抜けたタイミングでも

ダウが崩れたタイミングでもいいかと思います。

 

では次に④のポイント

④のポイントでは下降フラッグが出来ております。

この下限ライン(上昇トレンドライン)をブレイクしてのエントリーを狙えます。

 

当然、損切りは下降トレンドラインの上です

 

抜けた後は大きく下げていますね。

損小利大になっています。

 

利益確定はチャネルラインにタッチして決済でもいいですし

下位足でダウが崩れて決済でも良いと思います。

 

トレードをするときはリスク(損切り)とリワード(利益)を考えて

損切りが大きくなりそうならスルーをする必要もあります。

 

できるだけトレンドライン付近でトレードすれば

損切りも小さく出来ますし、リワードも大きくなるため

トレンドラインを手法に用いるのであれば、トレンドライン付近での

トレードを行う必要があります。

 

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-ラインの考え方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.