ラインの考え方

水平ラインでエントリーと損切りの考え方

更新日:

水平ラインを引く場合、レジスタンスラインやサポートラインや高値/安値ラインなど

引きますが

ラインはエントリーや損切りにも使えます。

 

エントリーするラインも損切りにするラインも、注文が集中しやすいラインでなくてはいけません。

 

いくつか例をあげます。

 

適当に見つけてきた、下降トレンドの相場です。

この相場では、どのようにトレード出来そうか考えるわけです。

 

 

分かりやすいようにトレンドラインも引いておきました。

このトレンドラインも意識されていますね。

 

レジスタンスラインとサポートラインやネックラインを引いています。

 

a~d はレジサポライン

e,f はネックラインです。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

aラインはレジサポラインとなっています。

このレジサポラインは節目になっていることにお気づきでしょうか

買いと売りが分かれているのです。

 

 

ラインより上は買いが集中しており、買いに優位性があります。

ラインより下は売りが集中しており、売りに優位性があるということです。

 

ではラインより下は、売り目線ということになります。

損切りは買いの優位性になる①のライン上になるわけです。

 

①のポイントは売り優位性になってショートエントリーが出来ますが

上位足からの流れで下げ目線だと判断できる場合になります。

 

次に

bのラインです。

bのレジサポラインですが、これはわかりにくいかもしれません。

 

 

あまり綺麗に引けるわけではないですが、買いと売りが分かれています。

当然、このラインより下は売りに優位性があります。

 

①という大きなレジサポラインでの売り優位性エリアの中の、

さらに小さなレジサポラインの下へレートが下がってきており、

②のポイントもショートエントリーが可能です。

 

そしてcのラインでは

 

 

黄色○でレジサポラインになっています。

 

ここで売ってもいいですが、今回はeのラインに注目してください。

小さくダブルトップになっていることにお気づきでしょうか?

 

eがネックラインとなり、このラインをブレイクしてショートエントリー出来るわけです。

しかもトレンドラインにも意識されているため、下げる根拠が一層強くなるわけです。

 

損切りはダブルトップの上になります。

 

そしてdのレジサポラインでは

 

 

3つ目の黄色○で引けるラインになります。

注目してほしいのが4つ目です。

 

fのラインがありますが、これはネックラインになります。

 

 

わかりやすいように下位足にしてみました。

ヘッドアンドショルダー(三尊)になっていることが分かるでしょうか。

分かりやすいように下位足にしましたが、上の時間軸でもヘッドアンドショルダーになっていることが分かります。

 

fのネックラインを下へブレイクしてショートエントリーが可能になります。

 

損切りは一番集中していそうなdの上に私ならします。

 

ラインは意識されていることが分かるまで引けないこともあります。

無理矢理引いてはダメです。

 

 

この最後の緑○内は無理に引くことは出来ますが、荒れており

あまり明確に引けないためスルーします。

 

ラインが引けそうにないなら、引けるようになるまで待つのも大切です。

明確に引ければ、あとはライン際での動き(ダブルトップやヘッドアンドショルダーなど)

に注目することも大切です。

プロの稼ぎ方を知りたい方必見!

早く稼げるようになりたい人はこちら

インジケーターやトレンドライン、サポートラインやレジサポラインなどは手法に関するもので、すべて知る必要はありません。

ダウ理論などの基本的なことは知っておいた方がいいですが、例えば移動平均線で稼げるようになってしまえば他のインジケーターの使い方を学ばなくてもいいのです。

ではこのように思うことはないですか?

 

すでに稼いでいるプロの手法を学べば、早くトレードで稼ぐことができるのではないか?

 

そのとおりです。

 

私が実際に常勝トレーダーさんから聞いたお話を簡単にさせていただきます。

常勝トレーダー:Oさんの例

Oさんは独学でFXを始めて1年掛けてオリジナルの手法を作成。その後、ほぼ負けなしのトレーダーになられています。

現在は手法を販売&指導を行い、早い人は4ヶ月で稼げるようになっているそうです。

 

専業トレーダー:Sさんの例

Sさんはサラリーマン時代に2年間独学でFXを勉強し、億以上稼ぎ出すことに成功して独立。

現在は教材の販売やコンサルティングをしてFXで稼げるトレーダーを輩出しています。

Sさん曰く、早い人は3ヶ月で結果が出ているそうです。

その他にも6年かかった人や、それ以上かかった人もいらっしゃいます。

独学で1から手法やルールを構築するより、プロの手法やルールを伝授してもらいあなたのものにする方が断然早いです。

プロの手法を手にすることが、稼げるトレーダーへの近道なのです。

デイトレーダーMt.moreさんの「トレード全書」

1時間足をメインとしたデイトレード

EMA、水平ラインを使ったトレード

トレードサインが表示されるオリジナルインジケーター付き

メールサポート(無制限・無期限)対応あり

Mt.moreさんのトレード全書は、上位足で強いトレンドを確認して、1時間足でエントリーしていくデイトレード手法になります。

指数平滑移動平均線(EMA)と水平ラインを使ったトレードで、ローソク足で反転の形を確認してからトレードをしていきます。

デイトレードではありますが、相場環境が整っていなければ、ノートレードになるため無駄なトレードをしなくなり、いわゆる”ポチポチ病”の改善にもなります。

 

 

プーさん式トレードマニュアル「輝」

4時間足をメインとしたスイングトレード

水平ラインを引いくトレード

IFO注文を使い、仕事中でも自動で決済まで行う

忙しい人向けゆったりトレード

無期限のメールサポート付き

ぷーさん式トレード手法は、4時間足をメインとしたスイングトレードです。

しかし、ぷーさん式トレードは1時間足や15分足でも使える手法なので、あなたの生活スタイルに合わせたトレードが可能になります。

トレードは、水平ラインを2、3本引いてIFO注文を入れておくだけですので、就寝中、仕事中でも自動で決済までしてくれるため、忙しくチャートを見る時間をとれない方も、PCに張り付いてチャートとにらめっこする必要がありません。

-ラインの考え方

Copyright© FXの始め方が分かる!初心者向けの入門サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.